シミ化粧品を使うなら、まずはシミを作らないための注意をしていきましょう

シミ化粧品を使うなら、まずはシミを作らないための注意をしていきましょう

年間を通しての日焼け止めの使用

シミの大敵は何と言っても紫外線です。そのため日焼け止めクリームなどでしっかり紫外線対策をする人が増えています。

そして、春先の日差しが強いことが良く知られるようになり、多くの人が春先もしっかりケアをするようになりました

紫外線の強さは夏の暑いときの方が強いような気がしますが、紫外線の強さのピークなので、夏になってから日焼け止めクリームを塗っていたのでは遅いのです。

また、近年は冬の紫外線も強くなっているので、冬も注意をしてください。そして、冬は空気が乾燥しているため、お肌のバリア機能が低下している傾向があり、そのため、紫外線を受けるとダメージが大きくてシミを作ってしまします。

このように、シミ対策には年間を通して日焼け止めの使用がおススメです。

シミ化粧品としては、日焼け止めクリームを1年通して使うようにしたいものですが、ただ、日焼け止めクリームを使うと顔がべたつくという人もいます。今は、サラサラとしている日焼け止めクリームもありますから試してみてください。

また、化粧水の後乳液を塗らずに日焼け止めクリームを塗っている人もいます。顔用の日焼け止めクリームは乳液の役割も含まれていますからおススメです。

日焼けによるシミは、日焼けした直後でなく何年も経ってから出てくるので、子供の頃の日焼けが大人になってシミとなって出てくることもあります。そのため、10年後も20年後もシミのないキレイな肌でいるためにも、日焼け対策はしっかり行ってください。

また、日焼けした時は直後のケアが大切です。シミ化粧品には薬用の部分用美白美容液なども販売されていますからおススメです。

シミ対策に保湿ケアが必要

顔にシミがあると老けた印象を与えてしまいます。美しさの大敵のシミですがシミ化粧品で正しいケアを行っていることでシミになるリスクを下げることができます。一旦できてしまったシミを消すことは大変ですから、シミを作らないことが大切です。

紫外線が皮膚があたると皮膚を守るためにメラニンが生成されますが、紫外線だけでなく肌が刺激されても、やはり肌を守るためにメラニンが生成されます。ヤケドやニキビなどで皮膚が炎症しても肌を守るためにメラニンが生成されて色素沈着を起こしますが、肌をこすり過ぎるなどで負担をかけてメラニン色素を発生させてしまいます。

そして気をつけたいのは肌の保湿が足りなくても肌を守るためにメラニンが生成してしまうことです。そのためシミ対策のためにも、潤いのあるキレイな肌を保つためにも、保湿ケアをしっかり行う必要があります。

日本人女性は乾燥肌や敏感肌が多く、そのため肌のバリア機能が低下していますから僅かの刺激でもメラニンが生成されてしまう可能性が高くなっています。そのため、基礎化粧品を選ぶときは保湿効果の高い化粧品を選ぶことや、正しいスキンケアを行うことでシミができるのを防ぐことができます。

シミ化粧品には美白化粧品がありますが、美白化粧品は漂白剤のように肌を白くするためのものではありません。美白化粧品の目的は、「メラニン」の生成を抑制してシミやソバカスを防ぐことです。

そのため、美白化粧品はシミができる前から使用して、シミができるのを予防することが大切です。

ニキビや肌荒れのケアが必要

紫外線にあたるとメラニン色素が発生して色素沈着を起こしてシミが発生してしまいますが、メラニン色素の本来の働きは肌を守るためのものです。そのため紫外線にあたった肌を守るため生成されるメラニン色素は、肌トラブルから肌を守るためにも生成されています。

肌荒れ他、ニキビや火傷などでもメラニン色素が発生してしまいますから、シミを作らないためには、ニキビや肌荒れのケアが必要です。そこで習慣にしたいのがシミを予防する美白スキンケアです。シミ化粧品を使用するだけでなく、正しい美白スキンケアをすることでより効果が期待できます。

大事なニキビや肌荒れでメラニン色素が発生しますから、炎症を止める作用をする成分が含まれているスキンケアコスメがおススメです。そしてケアの仕方としてはクレンジングや洗顔は丁寧に行って下さい。肌に汚れが残っていると肌荒れやニキビの原因となってしまします。

ただ、寝ている間も汗をかくので皮膚分泌がされるので朝の洗顔も必須という説もあります。迷うところですが、私自身の経験から言えば夜1回だけの洗顔がおススメです。私の肌は若いころから、2度洗顔をすると肌がつっぱったり、ヒリヒリするのでできませんでした。

化粧水をつけてもヒリヒリするので栄養クリームだけしかつけられませんでしたが、年をとってもシワがないので驚かれます。肌は人それぞれで違うとは思いますが、寝ている間も汗をかき皮膚分泌されていると言っても、汗は天然の美容成分とも言われていますから洗い流すのは逆効果とも思われます。

従って、夜1回の丁寧な洗顔を自信をもっておススメします。

クレンジングや洗顔は丁寧に行うこと

紫外線だけでなく肌への刺激がメラニンを生成して色素沈着を起こしてシミを作ってしまいます。そこでスキンケアは肌に負担をかけないように、刺激をしないように優しく行うことが必要です。

スキンケアの一番の原則でクレンジングや洗顔は基本中の基本のスキンケアですが、間違ったクレンジングをしている人も少なくありません。

洗い過ぎ、こすり過ぎ、洗顔剤のつけ過ぎなどが指摘されていますが、以前と違って朝だけ洗顔する人が増えたのはとても良いことだと思います。

寝る前に洗顔をして朝までに時間もそんなに経っていませんし、部屋のなかですから汚れも付きません。朝晩2回の洗い過ぎは肌に負担をかけるだけだったのです。洗顔やクレンジングの目的は、肌をキレイな環境に保つことですが、肌が汚れていると保湿成分も十分に浸透しません。

そして、クレンジングはメイクを落とすことで、化粧をしたときはクレンジングが必要ですが、クレンジングオイルなら1回の洗顔ですみ、W洗顔で肌に負担をかけることなくすむのでおススメです。肌に負担をかけず洗顔するには、熱いお湯は肌に必要な脂分までとってしまい乾燥肌の原因になってしまいますからぬるめのお湯で洗顔をしてください。

そして、肌を十分に濡らしてから洗顔剤をつけることで洗顔剤の刺激で肌に負担をかけるリスクが下がります。洗い流すときは顔をこすらずに手に取ったぬるま湯で肌を抑える感じで丁寧に、でもしっかり洗い流してください

洗顔後は時間をおかずにできるだけ早くコスメでケアをしてください。そして、今はシミができていなくてもシミができるのを防ぐシミ 化粧品でシミ 対策をしておくことをおススメします。